東京ミッドタウン先端医療研究所

がん治療・血液浄化療法・遺伝子検査など
先端医療をもっと身近に

トップ学術業績2019年07月 > 昭和大学脳神経外科との共同研究の成果が発表されました。

東京ミッドタウンクリニックと昭和大学脳神経外科の共同研究として、日本人における脳動脈瘤の発生率を検討。当施設所長 田口淳一医師は、著者の一人として論文の作成に参加しております。

当研究におけるMRI検査は撮影および読影を担当した医師の質も高く、日本人における代表的なデータになっていると考えられます。

■研究タイトル
Detection rates and sites of unruptured intracranial aneurysms according to sex and age: an analysis of MR angiography-based brain examinations of 4070 healthy Japanese adults

>>論文の掲載内容はこちら(PDF:636KB)

※当論文は英文となります。

前へ

ページトップへ

Copyright(c)2012 Center for Advanced Medical Science and Technology